導入のメリット

EV充電設備

環境にやさしい再生可能エネルギーへ

普通充電EVインフラサービス経済メリット

2050年カーボンニュートラルに向けた日本政府の目標 「2035年までに乗用車新車販売で電動車100%」の 実現に向け、
企業(法人)にも社用車をガソリン車からEV/PHV 車への移行がより一層求められてくる時代となります。

経費コストの削減の上でCO2の削減で環境貢献

社用車をガソリン車から電気自動車にすることにより 年間での経費削減は、
約8万円~10万円(1台あたり)※1
社用車を電気自動車への変更に併せ、EV充電設備の導入 EV充電設備(普通充電器)の導入も補助金利用でコストメリットが 8年累計で約140万円のメリットが生まれます。※2

EV充電設備(普通充電器)の導入に関してのetc

  • 主流EV車の充電時間
  • 社用車所有台数における充電設備必要数(推奨)
  • 企業(社用車)における充電設備利用シーン
  • EV充電設備導入に際しての概算予算

※1 年間の経費削減費は、日本イーテクノ㈱算出値となります。
※2 コストメリット費は、日本イーテクノ㈱算出値となります。

急速充電EVインフラサービス経済メリット

2050年カーボンニュートラルに向けた日本政府の目標の実現に向けて、「高速SA/PA・商業施設・スーパー・レジャー施設」などの経路充電・目的地充電には、クイック充電が可能な急速充電設備の設置が必須です。
日本イーテクノ㈱では、急速充電器の設置から課金器やアプリケーションのインフラ(システム)サービスをご提供し、EVインフラサービスの事業化を検討する企業様を後方支援致します。

メリットがある事業化へお手伝い。

EVインフラサービスを事業化するうえでどのサービスを利用するのかが重要となります。

EV充電設備(急速充電器)の導入も補助金利用でコストメリットが 発生致します。 導入に掛かる初期費用から保守費用などのランニングコストも 考慮し、日本イーテクノ㈱にて収益シミュレーション。

EV充電設備(急速充電器)の導入に関してのetc

  • 日本イーテクノ㈱の充電インフラサービスの利点
  • EV充電設備(急速充電器)導入に際しての概算予算